にほんブログ村 料理ブログ 料理情報へ
にほんブログ村
MENU
<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
趣味どきっ!

趣味どきっ!で「夏ポトフ」の作り方を紹介・山田奈美さんのレシピ

「夏ポトフ」のイメージ画像

9月13日の趣味どきっ!で、体ととのう・おうち薬膳として「夏ポトフ」が紹介されました。

教えてくれたのは薬膳・発酵料理家の山田奈美さんです。

広告

夏ポトフの作り方

野菜の甘みが広がる夏ポトフです。

スーパーなどで簡単にそろえられる食材がうれしいですね!

材料2人分個数・分量
トマト1コ
かぼちゃ150g
なす1本
パプリカ1/4コ
じゃがいも(小)3コ
豚バラ肉(薄切り)50g
400ml
適量
こしょう少々

豚バラ肉は塩をふって15分以上おきます

夏ポトフの仕込み

【仕込み】

・豚バラ肉を食べやすい大きさに切る

・トマトを8当分のクシ切りに

・かぼちゃを乱切りに

・じゃがいもは半分に(皮は剥かない)

・パプリカは縦4当分に切る

・ナスは乱切りに

夏ポトフの調理

①豚バラ肉を表面がカリッとするまで炒める(油はひかない)

②かぼちゃ、じゃがいも、ナスを入れて炒める(硬い食材から入れます)

③全体に肉の脂がまわったらパプリカ、トマトを加えサッと炒める

④塩(最初はひとつまみ)と、水を加える

⑤弱火で20分間、煮込む

⑥最後に塩とコショウで味をととのえ(お好みの味付け)完成!

夏ポトフ・暑い時期に食べる理由

冷たいものを摂りがちな暑い季節だからこそ、温かいものを食べる理由があります。

冷たいもので胃腸の動きが悪くなり、もたれたり、疲れやすくなったり

なので、ちょっと温かいものを食べることに胃腸が元気になります

胃腸ケアとして、たとえ週1~2回でも良いですよ

(一緒に出演されていた医学博士・木村 容子 先生による解説)

夏ポトフ・実食してみた

夏ポトフを実際に作ってみました!

調理時間は慣れた人なら30~40分ほどですね。

肝心の味は…

余計な調味料を使用しないので、素材の味が活きて「とても優しい味」です。

濃い味が好みな方には少し物足りないかもしれませんが、あまりにも塩味をつよくしたりはオススメできません。

せっかく、胃腸にやさしいので薄味でいただきたいものです。

気になった点は「じゃがいもの皮」が付いたままで調理しているので、少し土臭く感じるかもしれません。

その際は、ほんの少し生姜を入れるのもアリだと思いました。

広告

まとめ

「夏ポトフ」のポイントとおさらい。

・スーパーなどで簡単に手にはいる食材で作れる!

・じゃがいもは「皮つき」のまま、豚バラ肉を炒めるときは油をつかわない!

・週1~2回でも温かいものを食べることで胃腸が元気に!

「夏バテ=胃腸バテ」です。

「夏ポトフ」で胃腸を労りましょう!

<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。